会社沿革


1952年04月 山口文子・大場圭冶共同で装飾めっき加工「栄工業所」設立。
1953年10月 法人組織「有限会社栄工業所」とし、初代社長に山口文子が就任(資本金30万円)。
1960年05月 山口文子代表取締役を辞任。
大場圭冶代表取締役に就任。
1967年05月 資本金200万円に増額。
1973年06月 プリント基板の銅スルホールめっき開始。
1978年03月 金属関係の装飾クロームめっき全廃。
プリント基板用全自動ライン設備の拡充を図り、全面的にプリント基板の表面処理に移行する。
1981年06月 組織変更し「株式会社栄工業所」となる。
1982年07月 本社工場改築竣工。
12月 資本金800万円に増額。
1984年04月 大場宏代表取締役社長に就任。
大場圭冶代表取締役会長に就任。
1985年03月 本社北工場竣工。
04月 栄電子工業株式会社に社名変更。資本金1,600万円に増額。
1988年09月 新潟県東港工業地帯に進出決定。
1989年10月 新潟工場第1工場竣工。
1997年06月 新潟工場第2工場竣工。
2000年09月 資本金3,200万円に増額。
2003年12月 ISO9001 認証取得。
2004年11月 資本金6,400万円に増額。
2005年09月 東松山事業所に電解金めっきライン新設。
2006年11月 新潟テクノロジーセンター竣工。
2007年07月 ISO14001 認証取得。
2009年10月 東松山事業所に無電解パラジウムめっきライン新設
2010年3月 大場和彦代表取締役社長に就任。
大場宏代表取締役会長に就任。



主要取引先


   株式会社JCU 様
   三菱マテリアル株式会社 様
   小島化学薬品株式会社 様
   ロームアンドハース電子材料株式会社 様
   鍋林株式会社 様
   奥野製薬工業株式会社 様